姫路蒲田村創業 おつかい菓子 甘音屋おつかい菓子 甘音屋

店主のブログ

長松店の経過

みなさんこんにちは。姫路 和菓子 甘音屋です。

早速ですが只今工事中の長松店の概要をちょっとだけ

写真で紹介します。

コツコツと直しているので少し時間がかかっています。

今年中か来年上旬オープン予定ですがまたお知らせ

致しますね~

 

 

ベトナム 首都ハノイに

当社に和菓子職人は3名いる。「『ゆっくり、丁寧、かつ正確』では

 

なく、『早く、丁寧かつ正確』に仕事をこなす。これが職人である」

 

職人への指導の際に出る私の口癖である。とにかく職人とはその道を

 

極めるべく「他人の追随を許さない集団」だと常々指導している。

 

今では指導の甲斐あってか、私が不在でも黙々と和菓子作りに勤しんで

 

くれる頼もしい「集団」である。

 

 

そんな彼らに仕事を任せて、先日ベトナムへ行ってきた。もちろん

 

仕事。新店のオープンに向けて備品を調達する為である。 

 

飛行機に揺られること5時間、首都ハノイの空港に到着した。まだ

 

朝晩が肌寒い日本とは違い、とにかく蒸し暑い。厚手の洋服が

 

現地人ではなく観光客の証であるかの様に、出国手続きは意外にスム

 

ーズだった。

 

続いて事前に預けた荷物を受け取るためターンテーブルへ。「これも

 

ちがう」「あれもちがう」とよく似た荷物を目で追いながら自身の

 

荷物を待つこと三十分、ようやく出て来たと思えば他人のバッグ。

 

機内から私の手元まで、荷物の流れはどうなっているのだろう?荷物

 

運搬の担当者は機械が動いているのを談笑しながらゆっくりと積み込

 

んでいるのか?それともまだシステムが整備されていないのか?と

 

イライラしていると、ようやく荷物が姿を現した。待ち時間は四十五

 

分をゆうに超えていた。 

 

普段、荷物を預けることのない私にとっては、長く感じたものの「ま

 

あこんなもんか」と気持ちを切り替えて、出口で待つ現地案内人へと

 

を走らせた。 

 

その後、空港を出て車に荷物を積み込み、市街地へ。高速道路から見え

 

 

る景色は新鮮で、どこか懐かしさを感じた。雑然とした街の「雰囲気」

 

が高度成長期後半に生まれた私のかすかに残っている記憶と重なった。

 

雰囲気と表現したが「かおり」という表現の方がしっくりくるかもしれ

 

 ない。

 

 

交通は韓国や香港の様に地下鉄も無く、電車も貨物が中心。移動の多く

 

は車だが、短距離の移動は全てオートバイ。通学、通勤、荷物の配達、

 

買い物、子供の送り迎えは、子供を二人乗せて三人乗りで走る者もい

 

る。ヘルメットも着けずに指示機を出さない人も多く、交通ルールなど

 

あったものではない。

 

信号待ちでは車と車の間に割り込んでくる。その数は計り知れず。表現

 

するならば満員電車に人が押し寄せ、どんどん身動きが取れなくなる。

 

そんな光景はさすがに日本で経験がない。

 



また舗装されていない道路で物資を運ぶトラックが、大きな音を立てて

 

弾みながら走る。ルールが無い中、自身の存在を知らせる為、「小刻

 

み」に、時に「強く」クラクションを鳴らすオートバイ。道路脇ではそ

 

んな騒音に負けまいと、大きな声を張り上げて物売りをする人々。発展

 

途上の国が奏でる「人・モノ・金」の三重奏であり、力強い国力を感じ

 

る。

 

しかしそんな国の「勢い」の話だけではない。間違いなくベトナム製品

 

の品質は上がっている。二十年ほど前にベトナム製の漆器を購入した

 

が、塗りムラ、はがれが酷く、安価だけに文句さえ言えないが、日本の

 

漆器とは比べ物にならないモノだった。

 

しかし、今回手にした漆器は安価でありながら、それなりの品質に仕上

 

がっている。またデザインも日本や欧米諸国に引けをとらない、なかなか

 

のものである。 

 

さて我々が生きて来た「小売り」のことに少し触れたいが、ベトナムの

 

商売はかなり強引である。強引というよりは「買って欲しい」という強

 

い意思が伝わって来る。「よく」も「悪く」も。土産品を買いに行って

 

も、何を言っているかわからないが、一生懸命に商品説明をしているこ

 

とは理解できる。ただ客に気持よく買い物をしてもらうことや、日本人

 

が大切にする「間」(ま)の様なものがない。

 

これはベトナムと日本の文化、慣習の違いかもしれないが、同じ商いを

 

する上で「気持ちよく買い物をしてもらう間」は世界共通であってほし

 

い。というよりは「相手の立場に立って行動をするサービス精神」を

 

持ってほしい。

 

ところがそんな中、帰路の空港で「同志」に出会った。沢山の買い物袋

 

をぶら下げた私を見て、何も言わず小さく微笑み、大きな袋を差し出し

 

てくれた販売員がいた。「同志」である。「相手の立場に立とう」その

 

意思が強く伝わった。

 

「同志」に会えたその喜びついでに、「同志」の店で買い物をしたが

 

「同志」は裏切らなかった。ベトナムではどこで買い物をしても、買い

 

物袋は一枚だけ。いくら沢山買い物をしても一枚である。経済的な事情

 

が見え隠れするが、どこも催促すれば付けてはくれる。

 

だが、あまりいい顔はしない。

 

しかし「同志」は何も言わなくとも、購入した数の袋を入れてくれた。

 

言葉は通じなくともサービス精神は伝わる。これが私の求めている「世

 

界共通意識」である。

 

ベトナム滞在最終日にして「同志」に会えてよかった。今度訪れたとき

 

「同志」がどのくらい増えているか楽しみである。

 

かつて「発展途上国」であった中国は日本を抜いて、世界第二位の経済

 

大国となっている。また、日本の後ろにはインドが迫っている。それに

 

比べ、技術の進歩、海外企業の進出、経済成長、まだまだ発展途上とは

 

いえ、この国の力は未知数で脅威である。帰路はそんな事を考えなが

 

ら、いつの間にか機内で眠ってしまっていた。

 

目がさめた時はすでに飛行機は着陸しており無事日本に帰ってきた。も

 

ちろん迎えは必要ない。慣れたホームグランドゆえ気楽である。預けた

 

荷物を待つこと十五分、ターンテーブルから出て来た。

 

荷物一つだけの事だが「速く、丁寧、正確」に出て来た。日本人の職人

 

魂は、まだまだ健在である。ベトナムはこの三十分の時間の差を何年か

 

かって縮めてくるのだろう?

 

街の開発が進む事は歓迎したいが、贅沢を言うならば、私の記憶にある

 

地良い、懐かしい「かおり」は残してほしい。 

将来に向けて

先日から株価を見ていると19000円代をウロウロ。ようやく20,000円代なのかな?
とホッするも束の間。日本の35年後の人口構造を見るとぞっとする。総人口は1億を
割り込み、65歳以上の人口が3割を超える。いわゆる2050年問題である。そんな中、自
宅から駅に向かうと道中には「空き家」「テナント募集」の看板が目立つ。住む人、働く人
が減っている証拠である。また私を含めた団塊のJr.の多くはローンを組んでマイホーム
を建てている。父母が住んでいる家に戻って同居している家族は極めて少ない。その父母の
生活は自宅ではなく施設へと移り、亡くなったり、住まなくなった家やマンションは
空き家のまま。若しくは駐車場に。いわゆる空洞化である。商店もそう。不景気で「潰
れていっている」のではなく人口減と共に「減っている」という見方をしなくてはいけない。
私たちの社会は部分的に見るとゆっくりだが、ものすごいスピードで「人口減」と「超
高齢社会へとシフトしている。高齢者が増え、そこに携わる人口が増える。人手不足もそ
うだが、消費はさらに鈍化するだろう。人口が減ると地価は下がる。海外からの投資も宛に
ならない。
株価は一つの指標であって自分たちの生活に直結しているわけではない。株価が1万
円を割っている時と比べ、昨今の景気回復の実感がない。そう思うのは私だけだろうか?
数字上の景況はあてにならない。自分自身で自分自身の生活を見極め、その変化と将来性
を感じ取らなくてはいけない。そう思う。
大きな変化の中で、今の自分、これからの自分のことを考え、その時に甘音屋はど
うなっているだろう?そう思うと居てもたって居られない。お客様のご要望にお応えすべ
く、ご要望に対し目標を立ててその目標に向かって生きて行かなくてはならない。そう思う。
「人口減」と「超高齢社会」という厳しい将来に向けて。

23日と24日の2日間

偏った考え方ではないのでは誤解が無いようにしたい。が、どうしても疑問に思う。
昨日は12月23日、今日は24日。23日は祝日。24日は平日。昨日は祝日の為
クリスマスパーティーを楽しんだ家族が非常に多かったのではないだろうか?しかし
昨日は天皇誕生日。天皇の誕生を祝う日である。国民の祝日として設けた趣旨は
「天皇誕生日」というのに、キリストの誕生を祝う日でもないのに街角ではクリスマス
ケーキが飛ぶように売れ、家では「きよしこの夜」を歌いクリスマスを楽しむ。事実、
当社でもクリスマス用に作ったケーキが売れるのは23日。複雑である。
本来の趣旨は何なのか?祝日の意味は何なのであるのか?伝えきれていない。
政府や政治のせいにするつもりはないが、いうならば教育だろうか。何のために休み
何を思う日なのか?昨日、今日と私自身も考えさせられた2日間であった。

香港へ

先日、仕事で香港に行ってきた。親友が香港で会社を立ち上げ、フードコンサルタン
トを始めたので当社の仕事を香港で繋げてくれるとのこと。あまり日程に余裕がなかった
為、1泊3日(機内1泊)という強硬な日程を組むしかなかった。
海外へ行くのは妻との新婚旅行以来、12年ぶり。久しぶりの海外渡航の為、少し不安を抱
えての出張となった。
それにしても海外へ行く準備というのは随分変わったと思う。
例えば航空チケット。予約はすべて携帯電話から。出発の3か月前から予約すると香港まで
諸経費込みで2万7千円。格安である。チケットは事前発行の必要がなく直接空港へ向か
えばよいとのこと。
お次はアクセス。空港までのアクセスは車を選んだ。空港まで車で行ったことがない私
だが、カーナビがピンポイントで駐車場まで案内してくれる。途中で渋滞ならばその状況
をタイムリーに知らせてくれる。親切なものだ。また1時間半ほどかかる道中の高速道路料
金は一度も払うことはない。車を止めることなくスムーズに精算を済ませる画期的なシス
テムETCである。
その後、親切な「案内係」(カーナビ)に誘導されて無事空港に到着。空港の入り口入った
ところにチケットの発券機がある。チケットはバーコードをかざすだけで発券される。もち
ろん無人である。ちょっとした事だが無駄なコストカットが価格に反映されているように
思う。ユーザーとしてはこの上ない喜びである。
チケットを持って出国手続きを済ませた後は、出発の直前まで携帯電話で仕事の打ち合
わせ。会社内の様子は携帯電話からチェックできる。また多忙のために現地の情報収集が出
来ていなかったが、それも直前に携帯電話で情報を収集。パケット料とやらは定額の為、使
い放題である。
そうこうしている内に、いよいよ出発である。飛行機に乗り込んで、いざ香港に。意外にも
飛行機の中に大きな変化を感じない。人類の地上での技術進歩は目覚ましいが、上空は過疎
である。
さておき。現地に着くと携帯電話が自動的に現地の電話に切り替わる。何とも便利なもので
ある。また空港から目的地までのアクセスに困っていると友人から「LINE」で情報が
飛んでくる。ジョークを交えたスタンプの「おまけつき」。もちろん無料である。その携帯
電話を見ながらニヤニヤしている私は、いったい香港の人にどう映っているのだろう?
程なくして友人と再会し昼食をとる。有名店での食事の様子を写そうと首からぶら下げて
いたカメラも今は昔。当時は使い捨てのカメラも大流行したが、今はデジタルが主流。
私も滞在中の記念撮影はすべて携帯電話での撮影だ。
また、写した画像はリアルタイムでSNSに投稿。友達への共感を呼びかける。また友達か
らの共感に喜びと楽しみを感じる。個性の表現方法も随分変わった。少し前までは個性の
表現というものは、ごく僅かで限られていた。貨物列車の車両を改造して作られたカラオケ
ボックスもその一つではないだろうか?自分の歌唱力を皆の前で披露したいという「個」
の表現の一つだったように思う。
少し話が逸れましたが、海外渡航一つとっても、20年前にこれだけの時代の変化を誰が予
測できただろうか?きっと向こう20年先には、また更に進化した海外渡航があるに違い
ない。
帰国し、車を自宅のガレージに入れた際「目的地に到着しました」とカーナビのアナ
ウンスが聞こえた。「えらい時代になったもんだ」そう思って家路についた。

祭りから学んだこと

皆さま。こんにちは。姫路 和菓子 甘音屋の店主 森です。

 

 実は先日、地元の子供会の行事で地元の「秋祭り」に参加してきました。

 

祭りの2か月程前から会員の親子が集まり子供神輿の練習が始まります。

 

そこでは太鼓の叩き方や神輿の担ぎ方を親達が子供たちに指導すると共に

 

親たちも練習を行い、祭りに備えるのです。

 

 

そうして迎えた本番前日、「宵宮」といわれる本番前の予行演習が行われるのですが

 

祭りの舞台となる神社まで皆そろって一緒に神輿を担ぐのです。子供の神輿とは いえ、

 

少ない大人が担くには重く、結構大変です。また、宵宮となると大人神輿との合同演習と

 

なるため、モタモタしていると、大人神輿の方から「はよいけ!」とか「こうせんかい!!」と

 

激が飛んできます。 正直なところ僕も気が長い方ではないので「なんでそんなに偉そうにいわれな

 

あかんねん!!」と 思う事が多々ありました。秋祭りに参加したことのない私は素直に受け入れら

 

れなかったのです。 しかしながらその思いは翌日の本宮(本番)で大きく変わりました。

 

本宮当日私たちの子供神輿は観客の前で 披露され、奥の控えへと入り、休憩となります。一通りの

 

子供神輿の披露が終わると今度は大人神輿が登場し「練り」と いわれる神輿の担ぎが始まります。

 

大人神輿同士がぶつかり合い、神輿の「練り合い」を 競うのです。

 

その迫力は想像を絶するもので、太鼓の音と「よーやさ!!」 という掛け声が響き渡り、まるでに山を揺り

 

動かしている地響きのような迫力の中で、担ぎ手がものすごい形相で神輿を担いでいるのです。担ぎ手の

 

「気」と「掛け声」を「魂」として神輿に送り込み神輿を動かす。「練り」とはその「魂」のぶつけ合いなのです。

 

 神輿いわゆる「魂」を動かす誘導員も、「こら!もっとこっちにやらんかい!!」「そこなにやってんねん!!」

 

「あぶないやろうが!!」と誘導しているのです。正直あの状況で 「あぶないから、もう少しこっちに神輿を

 

まわしてくれるか?」とか「OOくんあぶないよ!!もう少し気合いれていこうや」なんて言っているひまはない

 

のです。自分の意思をできるだけ「短く」そして正確かつ 「魂」をも動かす「強い気」で向かわなければ「神輿は

 

動かない」そう思いました。

 

 つまり私が子供たちを誘導している「気」と大人たちが神輿と言われる「魂」を動かす「気」の温度に大きな差異

 

があったのです。だから私の「腹立つ!」という思いは大きな間違いであったと気がついたのです。

 

祭りは危険を伴います。時に命取りとなる中で当然大人神輿の方々はその高い意識で誘導してきます。

 

大人神輿と私の祭りの参加意識に差があったということです。私はその誘導に腹を立てていたということに

 

本当に恥ずかしく思い、情けない限りです。

 

しかし、これは私たちも含めた会社の縮図だとも思いました。当社だけなく他社でも「仕事が続かない人」が

 

多いといわれています。スタッフの意識が高く、時に厳しく、時に強く指導することが多く、辞めていく原因の一つ

 

でもあるようです。仕事に入る時点での意識に差が大きく生じ、「きつい」「あの言い方はない」という事になるよ

 

うです。それも一理あります。しかしそのくらいの意識を持って仕事に臨む気持ちも必要ではないか?とも思い

 

ます。その人よりも積極的に仕事に向かっているか?その人から「仕事を取ってやろう」という気持ちがあ

 

るか?その人以上とは言わないですがある程度の仕事意識を持って 臨んでいるか?ということを考えてしま

 

います。きっとその気持ちを少しでも高く持ってくれていたならば、その意識の差つまりは温度差は縮まるの

 

ではないでしょうか?私はこのたび祭りに参加させていただいたおかげで大きな事に気づくことができました。

 

一方で「祭り」で私に注意をして下さった方に対して心の中とはいえ「非礼」を心からお詫びしたいと思いました。

 

 例えることではないかもしれませんが「意識の差」というものを「祭り」から深く深く学んだように思います。

 



 

当社のライバル

皆様、こんにちは。姫路 和菓子 甘音屋です。最近東京方面の百貨店に

 

出店する際に車で移動することが多いのですが、新しく改装したサービス

 

エリアを覗くと人、人、人。平日にもかかわらず多くの人で賑わっています。

 

あれだけ多くの方がサービスエリアで物を購入し、特にお土産としてお菓子を

 

購入される。えらいことだ。と思います。私がここのところ感じていることは

 

ライバルは同業他社と思われがちですが、そうではありません。お客様が消費する

 

時間ではないか?と思います。昨今の消費動向がここまで激変することをだれが

 

予想したでしょうか?携帯電話でメールを送っている時間、携帯で音楽を聞いている時間、

 

PCを触って買い物をしている時間、コンビ二で買い物する時間、働く時間、旅行する時間、

 

SAで買い物する時間。などなど時間の消費との勝負です。そこにいかに「和菓子」を楽しみたいと

 

思って頂けるか?「和菓子」と考えたときに初めて当社を選択していただけるか否か?というところに

 

行き着きます。私は出来れば「和菓子」という選択の前の段階で「甘音屋」に行きたい。

 

そう思って頂ける存在になりたいと思っています。そうすれば同業他社との競争は避けられます。

 

私は和菓子という前に当社の存在をもっと身近に感じていただきたい。そう思っております。

 

今まで取り組んできたこともそうですが、時間を割いて「甘音屋」に行きたいな。そう思って

 

頂ける存在にならなくてはいけないと思っています。

 

来年初からその取り組みについて一歩前に進めるよう準備を整えて参りたいと思います。

 

今後とも姫路 和菓子 甘音屋をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 

あんぱん「二兵衛」について

豊臣秀吉に仕えた「竹中半兵衛」と「黒田官兵衛」を「二兵衛」(にへえ)と言います。

 

播磨攻略において大活躍した二人は、「よきライバル」として知られている他に、多くの

 

逸話として語り継がれているように、固い「絆」で結ばれた特別な関係であったと言われ

 

ています。

 

2014年NHK大河ドラマが「軍師官兵衛」に決定した事をきっかけに「二兵衛」

 

ゆかりの地、岐阜県垂井町と兵庫県姫路市に本社を構える、ベーカリー「グルマン・ヴィタル」と

 

和菓子処「甘音屋」両社が力を合わせ、「二兵衛」という商品名で「あんぱん」を共同開発し、

 

発売の準備が整いました。

 

「甘音屋」は和菓子の命とも言える餡を作り、「グルマンヴィタル」は長年培った技術を存分に

 

奮って生地を作りあげました。両社の強みを活かし、あんぱん「二兵衛」を作り上げることが

 

できたことは、大変意義のあることだと考えています。当時の二人のように、互いを認め合い、

 

尊重し、力を合わせ、心を込めて作り上げたあんぱん「二兵衛」をお楽しみ頂けましたら幸いです。

 

 

                                                              

百貨店のデパ地下について

みなさん。こんにちは。姫路 和菓子 甘音屋です。
いきなりですが、デパ地下ってなぜお客様が多く、

賑わっていると思われ
ますか?様々な要因があるのですが、私は一つの要因として「信頼・信用」

精神誠意、取り組んでお客様と向き合っていることだと思います。この15年
で食品の表示・品質などの

事件が沢山ありました。百貨店もそのたびに対応に
追われ、大変だったと思います。しかし、お客様からの

ご意見から目を背けず
取り組んで来たことが今日の成果ではないか?と私は思っています
(間違って

いたらごめんなさい)。だから非常に回転良く、新鮮なものが
お客様の手に渡り、その鮮度、品質に対して

ご評価を頂いているのではない
でしょうか?
ここからは持論ですから「間違っている!」「何を言っているの

だ?」と
思われたらお許しください。
最近、「長くお日持ちする商品」についてのお問合せや、ご要望が多い

ですが、和菓子は「長く日持ちするもの」というイメージがある様ですし、
そこを第一優先として求められる

ことも少なくありません。
しかし、日持ちがしないことでお買い求め頂けないことは致し方ないと
思ってい

ますし、それを日持ち優先で商品開発をしたり、日持ちするように
改良したいとも思えません。
何故なら

商品は出来立てが一番美味しい(中には時間をおいたほうが良いものも
ありますが)。私は「日持ちは

しないけど甘音屋のお菓子を食べたい」という
お客様の信用と信頼を裏切りたくないと思っているのです。

極端かもしれませんが
「甘音屋の菓子は、美味しいけれど日持ちしないから買わない」ではなく
「甘音屋の

菓子は、日持ちしないけど美味しいから買いたい」と言われるように
ならなくてはいけないと思っています。

私が目標とする東京銀座の「最中」
や東京上野の「三笠」のお店もそうです。見習わなくてはいけないと

思っています。
今後のことですが、当社は賞味期限の短縮、商品アイテムの減を目標に取り組んで実行

 していきたいと思います。

 

新しい日本

みなさん、こんにちは。姫路 和菓子 甘音屋です。最近よく耳にする言葉が

ありますが「とりもどせ日本」とか「強い日本を取り戻す」と選挙などでも

よく聞きます。最近頭が硬くなってしまったせいか?ああいう言葉に敏感に

反応してしまう。「いったい何時のことをいっているのだろう?」ふと思う。

バブルのときのことを言っているのか?高度経済成長のことを言っているの

だろうか?僕は幸いにしてどちらも経験している。あの時代が良かった・・・・

あの時代を取り戻そう。そういうことなのだろうか?僕はそれは違うと思う。

残像をいつまで追っているのだろう?戻ってくるはずもない「彼女」をいつまで

引きずっているのだろう?そう思います。私が商売において一番怖いと

思う時は、よい結果を出した時だと思っています。私はその結果は2度と

戻ってこないと思うようにしています。また新しい取り組みを行えば企業と

して成長もするでしょう。新しい自分をつくらきゃ。新しい日本をつくらなきゃ。

そう思っています。