姫路蒲田村創業 おつかい菓子 甘音屋おつかい菓子 甘音屋

最新情報

将来に向けて

先日から株価を見ていると19000円代をウロウロ。ようやく20,000円代なのかな?
とホッするも束の間。日本の35年後の人口構造を見るとぞっとする。総人口は1億を
割り込み、65歳以上の人口が3割を超える。いわゆる2050年問題である。そんな中、自
宅から駅に向かうと道中には「空き家」「テナント募集」の看板が目立つ。住む人、働く人
が減っている証拠である。また私を含めた団塊のJr.の多くはローンを組んでマイホーム
を建てている。父母が住んでいる家に戻って同居している家族は極めて少ない。その父母の
生活は自宅ではなく施設へと移り、亡くなったり、住まなくなった家やマンションは
空き家のまま。若しくは駐車場に。いわゆる空洞化である。商店もそう。不景気で「潰
れていっている」のではなく人口減と共に「減っている」という見方をしなくてはいけない。
私たちの社会は部分的に見るとゆっくりだが、ものすごいスピードで「人口減」と「超
高齢社会へとシフトしている。高齢者が増え、そこに携わる人口が増える。人手不足もそ
うだが、消費はさらに鈍化するだろう。人口が減ると地価は下がる。海外からの投資も宛に
ならない。
株価は一つの指標であって自分たちの生活に直結しているわけではない。株価が1万
円を割っている時と比べ、昨今の景気回復の実感がない。そう思うのは私だけだろうか?
数字上の景況はあてにならない。自分自身で自分自身の生活を見極め、その変化と将来性
を感じ取らなくてはいけない。そう思う。
大きな変化の中で、今の自分、これからの自分のことを考え、その時に甘音屋はど
うなっているだろう?そう思うと居てもたって居られない。お客様のご要望にお応えすべ
く、ご要望に対し目標を立ててその目標に向かって生きて行かなくてはならない。そう思う。
「人口減」と「超高齢社会」という厳しい将来に向けて。

23日と24日の2日間

偏った考え方ではないのでは誤解が無いようにしたい。が、どうしても疑問に思う。
昨日は12月23日、今日は24日。23日は祝日。24日は平日。昨日は祝日の為
クリスマスパーティーを楽しんだ家族が非常に多かったのではないだろうか?しかし
昨日は天皇誕生日。天皇の誕生を祝う日である。国民の祝日として設けた趣旨は
「天皇誕生日」というのに、キリストの誕生を祝う日でもないのに街角ではクリスマス
ケーキが飛ぶように売れ、家では「きよしこの夜」を歌いクリスマスを楽しむ。事実、
当社でもクリスマス用に作ったケーキが売れるのは23日。複雑である。
本来の趣旨は何なのか?祝日の意味は何なのであるのか?伝えきれていない。
政府や政治のせいにするつもりはないが、いうならば教育だろうか。何のために休み
何を思う日なのか?昨日、今日と私自身も考えさせられた2日間であった。

香港へ

先日、仕事で香港に行ってきた。親友が香港で会社を立ち上げ、フードコンサルタン
トを始めたので当社の仕事を香港で繋げてくれるとのこと。あまり日程に余裕がなかった
為、1泊3日(機内1泊)という強硬な日程を組むしかなかった。
海外へ行くのは妻との新婚旅行以来、12年ぶり。久しぶりの海外渡航の為、少し不安を抱
えての出張となった。
それにしても海外へ行く準備というのは随分変わったと思う。
例えば航空チケット。予約はすべて携帯電話から。出発の3か月前から予約すると香港まで
諸経費込みで2万7千円。格安である。チケットは事前発行の必要がなく直接空港へ向か
えばよいとのこと。
お次はアクセス。空港までのアクセスは車を選んだ。空港まで車で行ったことがない私
だが、カーナビがピンポイントで駐車場まで案内してくれる。途中で渋滞ならばその状況
をタイムリーに知らせてくれる。親切なものだ。また1時間半ほどかかる道中の高速道路料
金は一度も払うことはない。車を止めることなくスムーズに精算を済ませる画期的なシス
テムETCである。
その後、親切な「案内係」(カーナビ)に誘導されて無事空港に到着。空港の入り口入った
ところにチケットの発券機がある。チケットはバーコードをかざすだけで発券される。もち
ろん無人である。ちょっとした事だが無駄なコストカットが価格に反映されているように
思う。ユーザーとしてはこの上ない喜びである。
チケットを持って出国手続きを済ませた後は、出発の直前まで携帯電話で仕事の打ち合
わせ。会社内の様子は携帯電話からチェックできる。また多忙のために現地の情報収集が出
来ていなかったが、それも直前に携帯電話で情報を収集。パケット料とやらは定額の為、使
い放題である。
そうこうしている内に、いよいよ出発である。飛行機に乗り込んで、いざ香港に。意外にも
飛行機の中に大きな変化を感じない。人類の地上での技術進歩は目覚ましいが、上空は過疎
である。
さておき。現地に着くと携帯電話が自動的に現地の電話に切り替わる。何とも便利なもので
ある。また空港から目的地までのアクセスに困っていると友人から「LINE」で情報が
飛んでくる。ジョークを交えたスタンプの「おまけつき」。もちろん無料である。その携帯
電話を見ながらニヤニヤしている私は、いったい香港の人にどう映っているのだろう?
程なくして友人と再会し昼食をとる。有名店での食事の様子を写そうと首からぶら下げて
いたカメラも今は昔。当時は使い捨てのカメラも大流行したが、今はデジタルが主流。
私も滞在中の記念撮影はすべて携帯電話での撮影だ。
また、写した画像はリアルタイムでSNSに投稿。友達への共感を呼びかける。また友達か
らの共感に喜びと楽しみを感じる。個性の表現方法も随分変わった。少し前までは個性の
表現というものは、ごく僅かで限られていた。貨物列車の車両を改造して作られたカラオケ
ボックスもその一つではないだろうか?自分の歌唱力を皆の前で披露したいという「個」
の表現の一つだったように思う。
少し話が逸れましたが、海外渡航一つとっても、20年前にこれだけの時代の変化を誰が予
測できただろうか?きっと向こう20年先には、また更に進化した海外渡航があるに違い
ない。
帰国し、車を自宅のガレージに入れた際「目的地に到着しました」とカーナビのアナ
ウンスが聞こえた。「えらい時代になったもんだ」そう思って家路についた。

横浜高島屋に出店します

イベントのおしらせ
横浜高島屋 B1和菓子 
ウィークリーイベントコーナーにて
期 間  2月25日(水)~3月3日(火)
内 容  いちご大福・みかん大福・二兵衛など
      人気商品を取りそろえて

神戸大丸にイベント出店いたします

イベントのお知らせ
出店場所  大丸神戸店B1特設会場(洋菓子コーナー横)
期 間    1月21日(水)~28日(水)
内 容     みかん大福・いちご大福・あんぱん二兵衛など
人気商品を取りそろえて。

インターネットの年末年始のご注文について

年末年始インターネット注文について
年末年始インターネット注文の受付について
12月29日~1月6日受付の注文につきましては
1月7日以降のお届けとなります。
ご注文の際には十分にご注意くださいませ。
※上記期間中のご注文は受け付けは可能ですが
ご希望の必着日にはお届けできません。予め
ご了承くださいませ。

年末年始の営業について

年末年始の営業について
年末 31日 まで通常営業(定休日なし)
元旦・2日  ヤマトヤシキ姫路店にて焼音を実演販売
3日      姫路駅北店のみ営業(10:00~17:00)
4日から   本店・姫路駅北店ともに通常営業

祭りから学んだこと

皆さま。こんにちは。姫路 和菓子 甘音屋の店主 森です。

 

 実は先日、地元の子供会の行事で地元の「秋祭り」に参加してきました。

 

祭りの2か月程前から会員の親子が集まり子供神輿の練習が始まります。

 

そこでは太鼓の叩き方や神輿の担ぎ方を親達が子供たちに指導すると共に

 

親たちも練習を行い、祭りに備えるのです。

 

 

そうして迎えた本番前日、「宵宮」といわれる本番前の予行演習が行われるのですが

 

祭りの舞台となる神社まで皆そろって一緒に神輿を担ぐのです。子供の神輿とは いえ、

 

少ない大人が担くには重く、結構大変です。また、宵宮となると大人神輿との合同演習と

 

なるため、モタモタしていると、大人神輿の方から「はよいけ!」とか「こうせんかい!!」と

 

激が飛んできます。 正直なところ僕も気が長い方ではないので「なんでそんなに偉そうにいわれな

 

あかんねん!!」と 思う事が多々ありました。秋祭りに参加したことのない私は素直に受け入れら

 

れなかったのです。 しかしながらその思いは翌日の本宮(本番)で大きく変わりました。

 

本宮当日私たちの子供神輿は観客の前で 披露され、奥の控えへと入り、休憩となります。一通りの

 

子供神輿の披露が終わると今度は大人神輿が登場し「練り」と いわれる神輿の担ぎが始まります。

 

大人神輿同士がぶつかり合い、神輿の「練り合い」を 競うのです。

 

その迫力は想像を絶するもので、太鼓の音と「よーやさ!!」 という掛け声が響き渡り、まるでに山を揺り

 

動かしている地響きのような迫力の中で、担ぎ手がものすごい形相で神輿を担いでいるのです。担ぎ手の

 

「気」と「掛け声」を「魂」として神輿に送り込み神輿を動かす。「練り」とはその「魂」のぶつけ合いなのです。

 

 神輿いわゆる「魂」を動かす誘導員も、「こら!もっとこっちにやらんかい!!」「そこなにやってんねん!!」

 

「あぶないやろうが!!」と誘導しているのです。正直あの状況で 「あぶないから、もう少しこっちに神輿を

 

まわしてくれるか?」とか「OOくんあぶないよ!!もう少し気合いれていこうや」なんて言っているひまはない

 

のです。自分の意思をできるだけ「短く」そして正確かつ 「魂」をも動かす「強い気」で向かわなければ「神輿は

 

動かない」そう思いました。

 

 つまり私が子供たちを誘導している「気」と大人たちが神輿と言われる「魂」を動かす「気」の温度に大きな差異

 

があったのです。だから私の「腹立つ!」という思いは大きな間違いであったと気がついたのです。

 

祭りは危険を伴います。時に命取りとなる中で当然大人神輿の方々はその高い意識で誘導してきます。

 

大人神輿と私の祭りの参加意識に差があったということです。私はその誘導に腹を立てていたということに

 

本当に恥ずかしく思い、情けない限りです。

 

しかし、これは私たちも含めた会社の縮図だとも思いました。当社だけなく他社でも「仕事が続かない人」が

 

多いといわれています。スタッフの意識が高く、時に厳しく、時に強く指導することが多く、辞めていく原因の一つ

 

でもあるようです。仕事に入る時点での意識に差が大きく生じ、「きつい」「あの言い方はない」という事になるよ

 

うです。それも一理あります。しかしそのくらいの意識を持って仕事に臨む気持ちも必要ではないか?とも思い

 

ます。その人よりも積極的に仕事に向かっているか?その人から「仕事を取ってやろう」という気持ちがあ

 

るか?その人以上とは言わないですがある程度の仕事意識を持って 臨んでいるか?ということを考えてしま

 

います。きっとその気持ちを少しでも高く持ってくれていたならば、その意識の差つまりは温度差は縮まるの

 

ではないでしょうか?私はこのたび祭りに参加させていただいたおかげで大きな事に気づくことができました。

 

一方で「祭り」で私に注意をして下さった方に対して心の中とはいえ「非礼」を心からお詫びしたいと思いました。

 

 例えることではないかもしれませんが「意識の差」というものを「祭り」から深く深く学んだように思います。

 



 

新宿伊勢丹に出店します

新宿伊勢丹に出店致します

 

期 間 10月8日(水)~14日(火)

 

場 所 伊勢丹新宿本店B1和菓子今め菓子コーナー

 

内 容 冷しみたらし、果里、二兵衛など人気商品を取り揃えて

 

 

 

オンラインショップ再開のご挨拶とお詫び

冷しみたらしご注文殺到の為、一時オンラインショップを停止させて頂いておりましたが、
本日再開をさせて頂きます。

お買いもののお客様には大変長らくお待たせし申し訳ございません。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。