姫路 和菓子 甘音屋の最新情報

2011年2月15日

生き様

皆様、こんにちは、姫路 和菓子 甘音屋店主です。店主のブログが随分

ご無沙汰していまして失礼を致しました。昨年末から今日まで休むことなく

突っ走って来てようやく明日休みをとることになりました。ちょっと私の

たわごとにお付き合いくださいませ。

さて早速ですが今日は僕の生き様みたいな事をお話ししたいと思います。

実は私、大の戦国武将好きで、中でも織田信長と真田幸村が好きなのです。

どこが?と言われると「奇想天外な発想」とその「実行力」に魅力を感じるのです。

特に真田幸村はアンチ徳川を貫き通し、大阪の陣では家康に死を覚悟させた程の

武将です。あの時に家康を倒し、生きていたならば世の中はどうなって

いただろう?信長が本能寺の変で倒れていなかったら世の中はどう

なっていただろう?と非常に興味を沸かせる人物ですよね。

私にとって菓子もそうありたいと思っているのです。

「ああ甘音屋さんお和菓子はいつ食べても美味しいよね」といわれるより

「ああ甘音屋さんのお菓子って美味しかったね。もう一度食べたいねえ」と

惜しまれるくらいのお菓子になりたいと思っています。格好良く言うと時代を

駆け抜けた「風雲児」的な存在でいたいなあと思います。

歴史を刻むということは大変なことだとおもいます。しかし時代と共に

変化していく力がなくては企業力も人間力もついていけなくなります。

どことは言いませんが、和菓子でも大手と言われる菓子屋がありますが、

本当に歴史ある会社をみていると変化ないように見えがちですが、本当に

様々な工夫を行い時代に乗り遅れないよう企業努力をしていらっしゃ

います。私は10年後に社長を譲ることを目標にしていると前にも

もうしあげましたが、その人材が新しい時代を担ってくれる。

その人材が新しい「甘音屋」をつくってくれる。そう思って、今から

わくわくしています。時代を駆け抜ける「風雲児」になれるよう

これから10年一所懸命ではなく、一生懸命頑張りたいと思います。

真田幸村ご存じなければ一度調べてみてくださいね。

素敵ですよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kamada-amaneya.com/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/111

コメント